絶対音感だけではなく、必ず相対音感もつけます

我が家の長女と、双子の一匹(歳の差6歳)
自然と2人で遊び弾きします。
超マイナーなグループの曲らしいです。
絶対音感、相対音感があると、楽譜がなくたって、自由自在です。あっ、楽譜は、しっかり読めなくてはいけないですよ。この後、何曲か合わせていたのですが、長女に、「お前は和声がわかっていない、その和音進行ないでしょ」と
さんざんいじられるも、なんだか必死に姉に応えようとするけなげな弟でも、なんだかんだ、とってもうれしそうに弾いていました。音楽は楽しいのが1番 きっと大人になっても、お姉ちゃんには頭が上がらないんだろうな…

動画は、教室Facebookに誰でもて見られます。↓は、写メです。(やり方がわからない)

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック