柏原ピアノ音感教室

アクセスカウンタ

zoom RSS コンクールあれこれ

<<   作成日時 : 2015/10/09 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かなりおさぼりしていたブログ、
あっFacebookはチョコチョコアップしているので、お立ち寄りください。


今年の夏も教室内は、ゆる〜やかな時間が流れ、主なコンクールも一息つきました。
夏休み返上して暑い中レッスンに通っていた生徒さん、お母様、本当に頭がさがります。
改め、お疲れさまでした。 そして、あたたかなサポートに感謝申し上げます。

コンクール燃え尽き症候群もなく、教室の生徒さんたちは、みんな音楽を楽しんでいます。

あるコンクールでお会いした小さな生徒さん。来年は県の学生コンクールに参加するんだと張り切っていました。
聞けば、毎日お母様と3時間練習していると。 とってもしっかりさんだったので、1年生かと思いきや、年長さん
どっひゃーん   思わず、自分の生徒さんの顔が浮かんでしまいました。   
だれもそんな生徒はいないぞ〜
ピティナピアノコンペティション
今年は、全国大会に一人参加しました。この生徒さんは2回目の全国。立食パーティーの、熾烈なお料理争奪戦にも慣れた感じで、お料理をせっせとゲットしてきました。全国進出者と同点数だったのに、他の採点方法で、全国を逃した生徒さん、0.01、0.02で涙をのんだ生徒さんも何人かいて、ピティナの全国大会への道は、運も必要だと改め感じました。
地区予選からの全国大会への進出率を見て、腰を抜かしました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


静岡県学生音楽コンクール本選会  こちらは、予選が一切非公開、弾く部屋に入れるのは、本人と付き添い2名のみ、 弾くまでに、4回ほど本人確認がありますが、最終、弾く部屋に入る時も、名前の確認がありますが、演奏する前に、番号、名前を自分で言ってから弾き始めます。
講評用紙には、名前がしっかり書いてあります。  もちろん、審査員の先生方の生徒さんも参加されています。
完璧に仕上げて、弾けても、予選通過できなかったり、弾き順が、なぜか教室の生徒さん同士前後したり、、、、

予選が非公開だからこそ、本選に参加できるのは、本当に大変です。
上の部門においては、審査員の担当生徒が、2月の終わりには、本選の課題曲を渡されていました。
これは、多くの人が知る事実!!

だから何????かもですが、予選も一般公開にして、名前は伏せるべきでは、予選においては、審査員は、自分の生徒は審査対象から外すなどしないと、ますます、一般の参加者の疑惑が膨らむばかり。

審査員も世代交代したせいか、本選は、少し新しい風が吹いたきがしました。

あっ、偉そうに書いていますが、決して、喧嘩を売っているわけではありません。

あくまでも一般人の考え、ぼやきです。

ただ、これだけは……
純粋に音楽と向かい合って努力している子供たちに、なんの罪はありません。

音楽は、この世の中で一番美しいものであり、それを指導する側も、地位や、名誉、いろんな欲、利害関係抜きに、純粋で、美しい心でいたいものです。

画像

コンクール中心の生活もいいのかもですが、結果にこだわらず、長い先を見て、子供たちの成長を見守りたいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンクールあれこれ 柏原ピアノ音感教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる