ピティナピアノコンペティション コンクールシーズン到来

教室で1番忙しい…季節到来


あ~また今年も始まりましたそうピティナピアノコンペティション

教室の子供たちは…

みんな頑張ってますよ …



うーーーん

毎年のことながら、課題曲にのんびりとりかかり、
気がつけば うわっ


うーーーーん
きっと大丈夫、
みんな砂埃上げてます


これが、教室の良さでしょうか

だれも助けてはくれません。みんな、自分自身との戦いよ~

そう、私にも言えること、うーーーん、反省


最近は、レッスンにくる赤ちゃんにとても癒されている柏原でした。

赤ちゃんはずっとみていても飽きません。かわいい
当たり前ですが、ちゃんと人の話きいてます。
反応にメロメロです。

うーん、我が子の時は… うわっ

全くの余裕なし


音感リトミックコースも写真が準備できました。

2人とも3歳になったばかりです。

とってもしっかりさんです。

小さな手を添えてぬりぬり
画像


今週の宿題は…    「私、たくさんピアノひいたの
画像


一生懸命、表現しています。
画像



子供達から沢山学ばせてもらっています。

ありがとう

この記事へのコメント

ピアノが弾けないタヌキ
2011年06月19日 07:15
ブログをよくROMっておりますが、初めてコメントをカキコします。
音感リトミックの3歳の生徒さんの目の輝きが伝わってきます。本当に楽しそうで素晴らしいです。
我が家の3歳の娘がピアノを習い始めていますが、モジモジして思い通りにならない光景とは対照的です。
ピティナコンペティションの準備で大変かと存じますが、先生ならばきっと大丈夫でしょう。
「(本番は)だれも助けてはくれません。みんな、自分自身との戦いよ~」
この言葉は妻が8歳の長女に対して毎回口癖のようにいう言葉と全く同じです。
確かにその通りなのですが、音楽関係者の共通語ですかね?~。
またブログの更新を楽しみにしております。
いちご
2011年06月22日 10:53
はじめまして。
ブログ読んで頂き、そして、有難いお言葉、ありがとうございます
すごくうれしいです。

チビちゃんたち、カメラを持った知らないお兄さんに、ドキドキ、 いつもより張り切ってました

隣の芝生は良く見える なんていいますが、
なにせ、小さな宇宙人ですので、色々ありますよ
そこが、また楽しいですが…
大人からしたら、そんな簡単な事なんて思うことも、子供にしたら、すごいことで、少しの成長に目を向けるようにしています。
なんて、すごくえらそうなこと言ってますが、子供達から色々学ばせてもらっています
出来た瞬間、満面の笑みは、この上ないパワーの源です。

あっでも自分の子供となると別です。
まだまだ冷静になれませ~ん。
日々修行です。

3歳のお嬢さんは、きっとお姉さんのピアノを聴いて育っているので、すでに音楽暦は、4年ですね

大好きなお姉ちゃん目標に、ぐんぐん上達していくことでしょうね。

8歳のお嬢さんも、きっと素敵なピアノ弾かれるんでしょうね

近い将来、姉妹デュオもいいですね。
すごく楽しみですね

ありがとうございます













ピアノを弾けないタヌキ
2011年06月24日 02:27
こちらこそご丁寧に回答をいただき、有難うございます。また、いちごさん(先生)の回答を読んで、とっても嬉しかったです。
このブログに会えたのも、私以外の家族がリトルピアニストジョイントコンサートに行って感激したことが縁です。
http://piano-onkan.at.webry.info/201003/article_5.html

>あっでも自分の子供となると別です。
>まだまだ冷静になれませ~ん。

名手育成の苦労と愛情が詰まった2行ですね。どこの親も同じと思います。コンサート会場の待合では「巨人の星」のようなの熱いドラマを見ることがあります♪
絶対鈍感の私の場合、内容が分からないので「がんばれ~」「良く頑張った」ぐらいしか声を掛けることができませんが、ピアノ以外は冷静になれません。

>8歳のお嬢さんも、きっと素敵なピアノ弾かれるんでしょうね

目標に向って一生懸命練習しているので、何でも素晴らしく聞こえます。(単に分かっていないだけ?)
この姿を見ると、自宅が電子ピアノしか置けない環境なので、成長を妨げているのでは、と申し訳ない気持ちになります。
編曲や作曲をするくらいピアノが好きなので、そういうところは一生続けて欲しいと願っています。

以上簡単ですが、コメントを加えました。改めて御回答にお礼申し上げます。

7月3日ピティナ予選まで、まだ10日もあります。先生と生徒さん達のご活躍をお祈りしております。

この記事へのトラックバック