そっ啄  そったく  

今日は長女の参観会、懇談会、

教科は道徳 公衆道徳についてであった。

授業では、公園での出来事からであったが、
6年生ともなると、自分の言葉で、自分の意見がはっきり
言え、相手の立場(気持ち)を理解する力もあるんだと
改めて、6年生という言葉がズシンときた。

懇談会では、担任の先生より、「そっ啄」という言葉が出てきました。
そつは、くちへんに卒 (漢字が見当たりません)
意味は、鶏の卵がかえる時、殻のなかで雛がつつく音
たく(啄)は母鳥が殻をかみ破ること

初めて聞く言葉に、へーー感心するばかり
娘に話すと、

「周りがいくらその子の為につくしても、その子がやろうとしなければ、
殻をうちやぶることは出来ない。成長しない」

と自慢げに話してくれました。
 
んんんんんん???これは、ピアノにも言えることではないか
気付いているのかいないのか

大変有意義な時間でした。

素晴らしい、先生に仲間、出会いに感謝です。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック