素直に… 

レッスンで子供と接していていつも思うことがある

子供は本当に素直である。想ったこと、思った事、感じたままに生きている。
それを大人が勝手な都合で右へ左へと意見を子供に押し付けたり、決めつけたり
していないだろうか…
私もその一人 反省
我々大人はそうは生きられない。
でも自分を偽って、人と合わせるのは本当に辛い、苦痛である。

相手がどうであれ、自分の立場がどうであれ、嬉しいときは、一緒に喜び、辛いときは、一緒に辛さを
感じ、悲しい時は、一緒に泣き、 楽しい時は、一緒に笑い、

私は子供たちのように、包み隠さず、素直に、感じたままに、謙虚な気持ちで生きたい。

これは、子供達から学んだ事、生徒に育ててもらっている私がいる。みんなありがとう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック